歯がボロボロならインプラントに切り替えよう

先生

親和性が高い金属

インプラント

安全性は高い

インプラント治療は人工の歯根を歯が抜けた部分のあごの骨に埋め込んで固定させて、人工の歯を取り付けるものです。噛み合わせが良くなることはもちろん、人工の歯については周囲の歯に似せて製作することができるので取り付けていても周囲を気にする必要がないというメリットがあります。人工の歯根については金属でできています。あごの骨と親和性の高いチタンが使用されていますが、チタンにはもうひとつのメリットがあります。それは金属アレルギーの人でも使用することができるということです。親和性が高いことから、あごの骨に埋め込んだ後には周囲の骨と結合しやすくなり、より強固になるというメリットがあります。チタンはインプラントの治療以外にも心臓ペースメーカーの部品や人工の関節などにおいても使用されています。なので金属アレルギーの出にくい金属として広く使用されています。しかしながらチタンに対してアレルギーを保有している可能性もあります。その場合は治療を開始する前に金属アレルギーに関するパッチテストなどを受けて確認することが大事なことと言えます。特にインプラントの場合、口腔内に取り付けることとなります。口腔内においては金属のイオン化が発生しやすい状況となっています。この金属のイオン化が金属アレルギーを引き起こします。インプラントでの噛み合わせの回復は非常に高い効果が期待でき、金属アレルギーの人でも安心できるチタンを使用していますが、チタンアレルギーがある可能性もあるので事前のチェックが大事です。